レーシックに興味がある近視の私

私は現在、使い捨てコンタクトレンズとメガネを併用している。メガネをかけて階段を降りると、メガネのふちを境に物がぶれて見え、階段を踏み外しそうになる。そのため、外出するときはコンタクトレンズを装着し、自宅ではメガネ生活だ。しかし、使い捨てコンタクトレンズはお金がかかる。洗浄の必要がなく便利なのだが、毎日の出費となると経済的に苦しく、正直使用をやめたいと思っている。そんな時、職場の同僚がレーシックをおこなったことを知った。病院嫌いの私は注射すら怖い。以前からレーシックに興味はあったものの、眼球の手術など想像しただけでも恐ろしく、実行には至らなかった。しかし同僚曰く、施術中は痛みも全くなく、帰宅後から2日間ぐらいは多少目に違和感があったが、メガネもコンタクトレンズも使用しないでよい生活は非常に快適だそうだ。レーシック費用は多少高額となるが、今後何十年もコンタクトレンズを購入し続けることを考えれば、レーシックのほうが安いのかもしれない。その数週間後、メガネがトレードマークだった職場の男性が裸眼で出社してきた。この男性も、先日同僚がレーシックをおこなった眼科で施術してきたという。にわかに私の周囲に広まりブームになっているレーシック。はじめるなら早めのほうが良いだろう。レーシックを行った職場の二人は、以前より表情も明るくなり、仕事をバリバリこなしている。私も今年はレーシックに挑戦しようと思う。

除霊

心斎橋 まつげエクステ 格安

seo 千葉

飲食 求人